「ほっ」と。キャンペーン

福ちゃんの旅立ちをお家で見届けることが出来ました。

本日11時20頃、我が家の福ちゃんはお空に旅立ちました。

お家で見届ける事が出来ました事を皆様にご報告致します。

経緯についてはチームゼロさんのブログに詳細があります。



あらゆる治療をして頂き、昨日の朝は少し回復した様でしたが
夕方には痙攣が起きてしまい、私に連絡がきました。
とにかく、福ちゃんに会いたい。
その一心で面会に行った際には、福ちゃんの意識はほとんどありませんでした。

先生は「助かる見込みはゼロではない」
「酸素室から出したら、移動中に亡くなる可能性もある」とおっしゃいました。

それでも、どうしても私は福ちゃんをお家に連れて帰りたかった。
それは私のエゴかもしれません。
でも福ちゃんをお家に帰したかった。

お家のない暮らしをしていた
人の愛情を感じずに暮らしていた福ちゃんに
最後まで出来る限りの愛情を注ぎたかった。

福ちゃんのお家はここだよ。
福ちゃんは大事な家族なんだよ。
みんな福ちゃんが大好きなんだよ。って伝えたかったのです。

19時半頃家に着き、福ちゃんのお部屋で
最後の最後まで一緒に過ごす事が出来ました。

20回以上の痙攣発作。
おそらくもう意識はないので、痛みも感じていないと思いますが
苦しむ福ちゃんを見ているのはつらかったです。
でも福ちゃんとの時間は愛おしかった。しあわせでした。

福ちゃんと過ごした8ヶ月と一週間。
福ちゃんは私の事をお母さんだなんて思っていないでしょうが
それでも、ほんの少しだけ心を開いてくれました。

急変するまでは、ぴかぴかのご機嫌さんの福ちゃんでした。

a0246661_17315108.jpg

a0246661_17335040.jpg

福ちゃんを引き取った時から覚悟をしていた事とはいえ
心が引き裂かれそうです。

福ちゃんは人気者でした。
沢山の方に愛して頂き
そして応援して頂きました。

福ちゃんの元気な姿が私のはげみでした。

こんなに突然のお別れに、心がついていきません。

でも今は「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

先生、そしてチームゼロの峰さん
福ちゃんに最善の治療をして頂き、ありがとうございました。

福ちゃんを家族に迎える事を許してくれて
そして病院に連れて行くとき
肘までのゴム手袋となべつかみで福ちゃんを捕まえて
嫌われ役を引き受けてくれ、そして福ちゃんを愛してくれた旦那様。
一緒に福ちゃんに付き添い、ほとんど眠らず出社しました。
まったくなつかない福ちゃんを愛してくれてありがとう。

そして、福ちゃんうちの子になってくれてありがとう。

お家に帰ってきてくれてありがとう。

福ちゃんを忘れません。

福ちゃんはずっと家族です。

また会おうね。









Twitter@maruyamatenchou

(基本的にフォロー返しますのでお気軽に♪)
Facebook丸山晶代
(個人アカウントもお友達申請喜んでお受けします♪)

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の「I love ちくわぶ」

猫グッズ通販・元祖猫商 丸山商店



by maruyamashouten | 2016-12-08 18:01 | 保護猫福ちゃん | Comments(5)

Commented by Deco at 2016-12-08 22:55 x
福ちゃん…
家族が待ってるお家に
帰れて良かったね。

ゆっくり休んでね。
ただ一つお願い…
家族が一日でも早く
元気になるように
見守ってね。
Commented by nora at 2016-12-09 00:03 x
福ちゃん、お疲れ様
本当によくがんばったね。
そして、お家に帰って来れてよかったね。

福ちゃんが迷わず虹の橋へ渡っていけるよう祈っています。

そして福ちゃんのお母さん
お体大事にしてください。
Commented by あず at 2016-12-09 08:27 x
まとまらないけれど「福ちゃんは、晶代さんの申し出により保健所の冷たいコンクリの床の上での窒息死を免れた」のは変わりようのない事実。
その後おいしいものを安心して食べたのも、暖かい部屋で過ごしたのも晶代さんとおじさんの尽力によるものだと思います。
Commented by 今は猫飼 at 2016-12-09 13:44 x
福ちゃん、本当にお疲れ様。怪我と辛い辛い病気と戦い、本当によく頑張りましたね。最後まで大好きだったママとパパと一緒にいれて良かったね。今はゆっくりと休んで、今度はママとパパが早く元気になれるようにずっと見守ってあげてね。

福ちゃんのママさん。
病院ではなくて、皆で楽しく過ごした自宅で最後を看取ること、私も5年前全く同じ選択をしました。
なかなかな態度では示してくれなかったみたいですが、福ちゃんはママとパパの事が大好きだったはず。
幾ら猫好きとはいえ、重い病気と怪我を抱えた子を引き取る事は、誰でも簡単に出来る事ではありません。相当の覚悟を持って福ちゃんの引き取りを決断されたのだと思います。
困難は覚悟の上で引き取った福ちゃんを大切に大切に育てられ、そして病気が発症しても最後の最後まで懸命に看病されたママさんとパパさんの福ちゃんへの思い、福ちゃんは絶対に感謝して忘れないでしょう。
おかけできる言葉は簡単には見つかりませんが、お身体は大切にしてくださいね。
Commented by minami at 2016-12-09 15:42 x
福ちゃんんのご冥福をお祈りいたします。
お母さんも・・・ お疲れ様でした。。
福ちゃんは、きっと感謝の気持ちいっぱいで旅立ったと思います。