福ちゃんとの最後の16時間

福ちゃんがお家に帰ってから、息を引き取るまでの約16時間。

私はずっと福ちゃんと手を繋ぎ、身体を撫でながら福ちゃんとお話しました。

福ちゃんのお母さんはどんな猫さんだったのかな?

福ちゃんのお父さんはどんな猫さんだったのかな?

福ちゃんには兄弟がいたのかな?

福ちゃんはどうして怪我をしたのかな?

福ちゃんにお名前はあったのかな?

福ちゃんはうちに来て幸せだった?

もちろん福ちゃんはお返事してくれないし、福ちゃんの過去は福ちゃんしか知りません。

元気な頃、福ちゃんにこんな風に触る事は出来ませんでした。

ブラッシングも、なでなでも、あごの下を触る事も、いいこいいこする事も
やっと出来ました。

私は福ちゃんをしあわせに出来た自信はありませんが
福ちゃんを誰よりも愛した自信はあります。

負傷猫としてセンターに収容された福ちゃん。

たった8ヶ月と1週間だけれど、家族になれて幸せでした。

あっという間のお別れで心にぽっかりと穴があいているけれど
でももう福ちゃんは痛い思いをしなくていいのです。

そしてお家で看取る事が出来た。それが何より嬉しいことでした。

最後の16時間。

「大好きだよ」

「愛してるよ」

何度福ちゃんに言った事でしょう。

チコタンも心配そうに見つめていました。

福おじちゃんのしっぽをつかんで遊ぶのが大好きだったもんね。チコタン。

a0246661_18131554.jpg

今日はチコタンの抜糸で、帰ってきたら素敵なお花が届きました。
本当に有り難いです。

a0246661_18492850.jpg

明日、福ちゃんは荼毘に付されます。

この素敵なお花でうんと豪華に飾って、大好きだったちゅーると
ケリケリも入れてあげます。

福ちゃんは私に沢山宿題をくれました。

お母さん、泣いてないで頑張るから、福ちゃん見ててね。




Twitter@maruyamatenchou

(基本的にフォロー返しますのでお気軽に♪)
Facebook丸山晶代
(個人アカウントもお友達申請喜んでお受けします♪)

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の「I love ちくわぶ」

猫グッズ通販・元祖猫商 丸山商店

by maruyamashouten | 2016-12-09 18:55 | 保護猫福ちゃん | Comments(1)

Commented by すしを at 2016-12-09 20:51 x
私は福ちゃんの暮らしぶりをネットから覗くのが好きでした。
処分が後一日に迫る中、店長さんが家族としてお迎えして
日に日にイケメン度が増してきた福ちゃんが
マヤ&チコ母娘と仲良くしているのを見ると
私も頑張らないと!と思ったものです。

つらい選択だったとは思いますが
店長さんが福ちゃんを撫でた手は
お母さんにグルーミングされるように
心を穏やかにしてくれたに違いありません。

立て続けにお子さんが虹の橋を渡ってますが
みんなあっちで仲良くして
お父さんとお母さんが早く元気になるよう
祈ってると思いますよ。