花粉症の特効薬は「よく眠る事」

私の花粉症発症は喉からでした。

喉が痛くて痒くて、風邪薬を飲んでも治らず医者に行ったら「花粉症です」と言われ
本当にひっくり返りそうになりました。

アレルギー検査をしたらスギ、ひのき、ハウスダスト、ダニ、金属
そしてそして!まさかの「猫」

飲み薬、目薬、点鼻薬をどっさり処方され
飲み薬の副作用に悩む日々…

アレルギーの薬は喉が渇くし、眠気がひどくなります。
私は薬の利きがよいので、頭がぐらんぐらんしてしまい
朝も起きられない程の眠気が続きます。
何度か薬を変えてもらってもあまり変わらず。
それに年明けから症状がではじめるので
5ヶ月くらい毎日薬を飲まなくてはいけませんでした。

調べると花粉症はアレルギーだから免疫異常。
こちらのサイト「ヘルスケア大学」にわかりやすく記載されていました。



「免疫力の低下で花粉症にかかりやすくなる」

近年、花粉症の人が増えている理由のひとつに、時代による環境の変化があります。

住環境の変化でダニやハウスダストが増え、アレルギー体質の人が増えた、
車の排気ガスなどの大気汚染によりアレルギー体質の人が増えた、などがいわれています。

しかし、同じ環境に暮らす中でも、花粉症にかかりにくい人、かかりやすい人がいます。これに関係するのが免疫力の低下です。

花粉症を発症するそもそものきっかけは、ヘルパーT細胞が、本来無害である花粉を有害と誤って認識したことにあります。
つまり、ヘルパーT細胞が正常に機能していれば、花粉症にかかることはないと言えるのです。
ヘルパーT細胞が正常に働けないのは、免疫力の低下によるもの。
ストレスやさまざまな生活環境が要因となって、徐々に免疫力が低下していくと、
ヘルパーT細胞も正常な働きをできなくなってしまうのです。

免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなったり、がんになるリスクが上がりますが、アレルギーにも大きく関係します。免疫力を高めるには、睡眠をしっかりとる、栄養バランスを考えた食事を摂る、適度に運動する、
ストレスをできるだけためないなど、生活からの見直しが大切になります。





私はねこひげ茶を飲む様になってから、症状がかなり落ち着きました。

でも朝のくしゃみと目のかゆみはなくなりませんし、酷くなるときもあります。

それはズバリ「睡眠不足」

寝不足だと症状がものすごーく強くなります。(まさに今日!)

反対にたっぷり寝ているとほとんど症状は現れません。

今日みたいに晴れて風が強い日はマスクは欠かせませんが
ねこひげ茶を濃いめにして飲んでおくとやっぱり楽です。

薬は常備していますが、今年もねこひげ茶とたっぷり睡眠で乗り切りますよ(=^ω^=)

花粉症に悩む方はねこひげ茶も試してみて下さいね。






Twitter@maruyamatenchou

(基本的にフォロー返しますのでお気軽に♪)
Facebook丸山晶代
(個人アカウントもお友達申請喜んでお受けします♪)

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の「I love ちくわぶ」

猫グッズ通販・元祖猫商 丸山商店


[PR]

by maruyamashouten | 2017-03-17 19:24 | よもやま話 | Comments(0)