さくらねことさくらねこクッキーを知ってもらう為に!

先日とある会合で、猫の話題になり
さくら猫の耳カットのことを「あれ何とかならないんでしょうか?」と
質問されました。
時々聞く意見ですが「可哀想」「痛々しい」というもの。

我が家にすあまちゃんが来たときも
「怪我しているんですか?」と聞かれたことがありました。

猫好きな方にも、まだまだ知名度の低い「さくらねこ」
そしてさくらねこが殺処分ゼロの為の大きな一歩だということを
ご存じない方も多いと思います。

この事は繰り返しになりますが、発信し続けようと思います。

どうぶつ基金さんのHPより抜粋して紹介しますね。

「さくらねこ」は不妊手術済みのねこのこと。
そのしるしとして耳カットをしていて、さくらの花びらみたいなので
「さくらねこ」と呼んでいます。

オス猫が右の耳、メス猫が左の耳がV字にカットされています。
これは手術の際、麻酔が効いている時にカットしているので
痛くはありません。

そして、このしるしがないと、手術してるかわからず
捕獲や麻酔、開腹される可能性があります。

飼い主の居ない猫に対し、捕獲し、不妊去勢手術を行ない、元の場所に戻す
そのしるしとして耳先をさくらの花びらの様にカットすることを
どうぶつ基金さんは2005年から続けています。
これが「TNR」と呼ばれています。

殺処分されるのは実はほとんどが仔猫です。産まれて間もない仔猫
産まれたばかりの命を奪うのはニンゲンです。

こうした飼い主の居ない猫が不妊去勢手術をし
繁殖を防止し、一代限りの命を全うすることで
殺処分は確実に減るのです。

自由に生きている様に見える野良猫も、いつも危険と隣り合わせです。
車や自転車、病気の感染、虐待、暑さも寒さも雨も雪も…
「自由」=しあわせばかりではありませんよね。

私自身、「猫は絶対室内飼い」と心に決めています。
でもお外の猫たちをすべて保護して飼う事は出来ません。

さくらねこの事をたくさんの方に知ってもらう為に
そして、「さくらねこ無料不妊手術事業」で殺処分を減らす為に活動されている
「どうぶつ基金」さんへ少しでも力になりたいと思い
「さくらねこクッキー」を販売、売り上げの1割を寄付させていただいております。

発売して2ヶ月程度なので、まだまだ知名度は低いですが
「続ける事」が大切だと感じています。

a0246661_18582811.jpg
永遠に家族で宝物のすあまちゃんがモデル☆

a0246661_18492659.jpg

a0246661_18493430.jpg

a0246661_18514133.jpg

さくらねこクッキーのキャッチコピーを変えました!

購入していただくと、殺処分ゼロに一歩進みます
「さくらねこクッキー」




Twitter@maruyamatenchou

(基本的にフォロー返しますのでお気軽に♪)
Facebook丸山晶代
(個人アカウントもお友達申請喜んでお受けします♪)

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の「I love ちくわぶ」

猫グッズ通販・元祖猫商 丸山商店







[PR]

by maruyamashouten | 2017-09-08 19:09 | 丸山商店 | Comments(0)