人気ブログランキング |

腎臓が弱った猫に朗報!

仲良くさせてもらってる「ぶつぶつ独り言・うちの猫ら2015」のkachimoさんに教えてもらった
「 キドナ 」
これが、モモちんにはとても有効だった様です。

キドナについて説明しますね。

必須アミノ酸食餌療法理論に基づく猫の急性、慢性腎疾患用の栄養食です。

まず「必須アミノ酸食餌療法理論」というのは
非常に高濃度の必須アミノ酸と適正なカロリーを含む食餌を給与する事により
尿毒症症状を改善し、腎不全進行を抑制し、さらに消耗性疾患を是正する画期的な食餌療法です。

説明書には詳しく難しいことが書いてありますが
高カロリー、高アミノ酸のミルクです。
なんでも口にしないと気が済まない私は舐めてみましたが
少し苦みがあるものの、ミルクっぽさが強いです。

カチモさんちのヨウカンさんは、ぬるま湯で溶かしてそのまま舐めていましたが
シリンジで溶かして口に入れたりカテーテルで胃に入れるものです。

あ、「 キドナ 」は医療用です。
ただネットで購入可能です。

モモちんは、今回腎機能も低下していると言われ、浮腫みも酷かったので
購入し、与えてみました。
まずはぬるま湯に溶かしてそのまま。

食べません。

猫用無添加かつぶしを混ぜて。

食べません。

ううーん、ご飯に混ぜてみました。

ムシャムシャ食べました(ΦωΦ)ノシ

モモちんは、もともと牛乳やヨーグルト、チーズ等の乳製品が大好きなので
ご飯に混ぜても全然平気でした!良かった!!!

今は一日3〜4パックパウチのご飯を食べてますが
全部に入れてます。残さず食べてくれてます。

猫は元々お水をあまり飲まない動物で
腎臓が悪くなるケース非常に多いです。
特に高齢の猫ちゃんは、腎臓の機能が弱くなります。

一番怖いのが尿毒症。
おしっこが出ないとその毒素が体内に周り
数時間〜で命の危険があります。

モモちんはよくお水を飲む子なので心配していなかったのですが
やはり19歳ですから。低下するのは当然ですね。

しかもかなり痩せてきたので、栄養をつけさせる点でも
キドナは続けていこうと思ってます。

他にも大手のペットショップやネットショップでは
猫用の流動食や粉ミルクを売ってますので
それも栄養をつけさせるという点では有効だと思います。
ミルクも粉のもの、液体、ヤギミルク等色々出ています。

体重が落ちると、当然体力も落ちます。
何かあった時の為にも、体重は減らさない様に。
モモちんも今ガリガリなので
もっとふっくらしようね!

モモちんはとても元気になりましたが
まだ全快ではなく、治療が必要です。
やはり高齢になると、治りも悪くなります。
とはいえ、最悪の状態は脱しました!
ご心配おかけしました(=^ω^=)

by maruyamashouten | 2015-08-27 22:09 | 15歳以上の猫と暮らす方へ | Comments(0)