人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「さくらねこクッキー」ストーリー・その3

「さくらねこクッキー」の売上の1割は

丸山商店が責任をもってとりまとめ
購入者さまにその月の募金額をご報告いたします。

公益財団法人どうぶつ基金さん はさくらねこ無料不妊手術事業で

41,386頭のさくらねこを誕生させています。


なぜさくらねこにする必要があるか?


佐上理事長の記事より転載します。

「なぜ当基金が地域猫の不妊手術に熱心に取り組んでいるのかというと
殺処分した猫の中には生まれたばかりの子猫が一定数含まれているからです。

つまり、飼い主の居ない子猫が生まれなければ
猫の殺処分数は減るという事です。

そのために、飼い主のいない子猫を増やさないために
地域猫の不妊手術をすることが近道と考えています。

環境省から発表された犬猫の殺処分数(平成27年度)によると
犬は15,811頭、猫は67,091頭が処分されました。

殺処分された犬猫は前年度と比較すると約2万頭減少し
私たちの活動も多少なりとも貢献できているのではないかと自負しております。

10年前と比べると犬猫の殺処分数は減りました。
しかし、殺処分数ゼロの実現には時間がかかります。

このペースで1年間に約2万頭ずつ、殺処分数が減れば
2019年には、ゼロになります。

実現できれば、2020東京オリンピックの年には
ゼロにするのは不可能ではないと思い
その夢に向って邁進する所存です。」



殺処分ゼロは不可能ではないのです。

不幸な猫を減らす事は出来る!

小さなクッキーもその力になれるのです。


「さくらねこクッキー」ストーリー・その3_a0246661_21205270.jpg

「さくらねこクッキー」ストーリー・その3_a0246661_09560428.jpg


Twitter@maruyamatenchou

(基本的にフォロー返しますのでお気軽に♪)
Facebook丸山晶代
(個人アカウントもお友達申請喜んでお受けします♪)

ちくわぶ料理研究家・丸山晶代の「I love ちくわぶ」

猫グッズ通販・元祖猫商 丸山商店









by maruyamashouten | 2017-06-26 21:28 | 丸山商店 | Comments(0)